イチョウの気根

ブログ - イチョウの気根

イチョウの気根

カテゴリ : 
花たち
posted by : 
huu 2010-2-21 22:50

銀杏の気根(きこん)です。幾本かあるイチョウの木のうち比較的若い雄木から垂れ下がっています。幾百年か経った古い雌木からは出ていなくて、どういう理由で出てくるのかよく分かりません。鎌倉の常楽寺に古い太い木があって、その木からは盛んに垂れ下がっていたような気がします。

■ 先日常楽寺の和尚さんにお目にかかる機会があって、直接伺ったところ、「確かにたくさんの気根が出ている、ただし地上まで届いているものは無い」とのことでした。 ■ 2011/05/27追記

この気根を、女性の乳房と見立てて子宝に恵まれるよう、あるいは安産のシンボルとしてあがめられることもあるそうです。で、「乳状下垂」(にゅうじょうかすい)ともいうそうです。「状」がなければ女性には些か失礼な物言いになるかもしれません。

安産といえば古来戌の日に帯祝いを行うなど、犬も又安産の象徴です。その犬が新たに家族になりました。

14-15 才にもなる老猫が体調を崩し、彼女の主治医のところへ行ったところ、その悪徳獣医師

  • 子犬がいるんですが、見ていってください
  • いや、うちにはこれ(猫)がいるので、それに私たちが年なので、最後まで面倒を見きれるかどうか…
  • いやいや、まあそう云わずに
  • ……

悪徳獣医師は家内のところへ子犬を見せに行き、気がつくと一所に連れて帰ってきてしまいました。先代の犬が具合が悪くなった時も、「良い柴の子がいますが、どう?」などと、まだ亡くなってもいない時にのたまったのです。話に依れば、母親は確かに「柴」なのですが男親は全く不明とのことで、「売り物」ではなかったようです。単に手渡されて譲り受けた形になりました。

何かの縁なんでしょうか。ただいまこの娘さんの名前を、次女(人間)に要請中。

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : 登録ユーザ以外のコメントは承認が必要

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kaizenji.org/cube/modules/d3blog/tb.php/112

Opera使用中

download Opera

撮影禁止中

jump

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

サイト内検索

カテゴリ一覧

ブログ カレンダー

28

29

30

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

1

カウンター

today today
yesterday yesterday
total
2008/4/22 〜

なかのひと