カブトムシたち

ブログ - カブトムシたち

カブトムシたち

カテゴリ : 
花たち
posted by : 
huu 2011-8-4 21:01

子どもの頃に住んでいたところは平野でした。林らしいところには少し時間を掛けないと行けませんでした。そうした林の中にはどうかすると、傷のある木があって、その傷口から染み出ている樹液を舐めに、カブトムシや蝶などの色々な虫が集まっていました。あれは何の木だったのでしょうか。

家人が「カブトムシがいるよ」とそういう木を見つけてきました。孤立した木で、虫にしてもよくこの木が判ったなと、不思議な気がします。集まっていたのはカブトムシの♂と♀。コガネムシなどです。これは木に止まっている状態で記念撮影。夢中になっているようで、傍に人の気配がしても気にならないようでした。

このコガネムシ、子どもの頃は「ぶいぶい」と言っていましたが、方言のようです。コガネムシの胸と腹の間を糸で縛り、飛ばして遊んだ記憶があります。「わらしべ長者」も似たようなことをしていますので、案外古くからの子どもの遊びだったかも知れません。

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : 登録ユーザ以外のコメントは承認が必要

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kaizenji.org/cube/modules/d3blog/tb.php/324

Opera使用中

download Opera

撮影禁止中

jump

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

サイト内検索

カテゴリ一覧

ブログ カレンダー

27

28

29

30

31

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

1

2

カウンター

today today
yesterday yesterday
total
2008/4/22 〜

なかのひと