水中の(多分)コケ 2012/09/16

ブログ - 水中の(多分)コケ 2012/09/16

水中の(多分)コケ 2012/09/16

カテゴリ : 
花たち
posted by : 
huu 2012-9-16 10:00

山門近くの池の中に、変な植物が居ました。変と言っても名前を知らないだけで、至極真っ当なコケのようです。根が在るかどうか判りません、あっても土の中には入っていなくて、日中葉(?)に泡が着いている状態では水面にまで浮き上がってきます。

この池には目に付く魚は住んでいなくて、せいぜいヤゴなど昆虫の幼虫と蛙やタニシだけが住んでいます。シロート目に藻類ではなく蘚苔類だと思うのですが確信はありません。

よく眺めていたら、アオミドロの発生初期の様にも見えてきました。そうすると藻類で、タイトルは間違っていることになります。放置


その後偶然ウキゴケという名であることを知った

ウキゴケ(Riccia fluitans)は、浮遊性のコケ植物の1種。形が鹿の角に似る ことから、カヅノゴケ、カズノゴケと呼ばれることもある。また、アクアリウムで用いられる際には、属名のリシアで呼ばれる

wikiによれば「光合成の際の酸素がまとわりつき浮き上がる」とある。なるほど。陸生のものもあり、陸生時のみ仮根があるとか。(2012/11/11追記)

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : 登録ユーザ以外のコメントは承認が必要

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kaizenji.org/cube/modules/d3blog/tb.php/396

Opera使用中

download Opera

撮影禁止中

jump

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

サイト内検索

カテゴリ一覧

ブログ カレンダー

30

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

1

2

3

カウンター

today today
yesterday yesterday
total
2008/4/22 〜

なかのひと