マンジュシャゲ 秋彼岸 今日は秋分の日 2015/09/23

ブログ - マンジュシャゲ 秋彼岸 今日は秋分の日 2015/09/23

マンジュシャゲ 秋彼岸 今日は秋分の日 2015/09/23

カテゴリ : 
花たち
posted by : 
huu 2015-9-23 11:00

今日は秋分の日です。今年の夏は例年に無く暑く、その割りにお盆過ぎには急速に涼しくなってきました。
気温が少しく異常だったにも関わらず、名に違わずヒガンバナが彼岸に咲いています。

マンジュシャゲは夏の気温の影響について研究されていて

本研究では,ヒガンバナの開花と温度の関係について検討することを目的として,人工気象室で育成実験を行った。人工気象室の温度条件は,常に外気に追従した条件,常に外気に対してそれぞれ1.0,2.0,3.0℃高い条件の4種類とした。そして,加温処理を開始した日はそれぞれ6月6日,6月28日,7月15日,8月4日,8月26日,9月5日とした。その結果,供試植物は夏期から秋口である開花期まで継続して外気より高温条件下におかれると開花期に外気より高温条件下でも開花可能となった。特に6月6日から7月15日までに1.0℃から3.0℃の加温条件下におかれた個体は,より高温条件下でも開花した。このことから,夏期の気温上昇によってヒガンバナの開花可能温度は上昇すると考えられた。一方,夏期における1.0℃から3.0℃までの平均気温の上昇は花の形態には影響を及ぼさないことも明らかになった。

本文にも

夏期に平均気温が上昇した条件下におかれた個体は、秋期の気温低下前の高温条件下でも開花可能になった。

これらによると、咲きはじめから満開までの期間、開花時期及び小花の数には各処理区間で差が認められなかった。したがって、夏期の高温は花序の形態や開花期間には影響を及ぼさないと考えられた。

結果、夏が暑ければ暑いなりに、涼しければ涼しいなりに咲き出す気温を調節し、ちょうど秋分の日前後に咲くことが出来るようです。
不思議と彼岸の頃に咲くという印象は間違っていないわけで、さすが彼岸花というわけですね。
またこの性質が陽当たりの良い場所と、日陰の涼しい所にある彼岸花が同時に咲く理由でもあるわけで、なお一層一斉に咲く花というわけですね。

ハスは見事に稔りました。この花托に軸のついたものを加工して何か飾り物が出来るそうです。そろそろ切っても良いようですと某氏に連絡をし、今日採りに見えるとか。

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : 登録ユーザ以外のコメントは承認が必要

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kaizenji.org/cube/modules/d3blog/tb.php/509

Opera使用中

download Opera

撮影禁止中

jump

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

サイト内検索

カテゴリ一覧

ブログ カレンダー

28

29

30

31

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

カウンター

today today
yesterday yesterday
total
2008/4/22 〜

なかのひと