異形のもの

ブログ - 異形のもの

異形のもの

カテゴリ : 
日常
posted by : 
huu 2009-3-18 22:41

開善寺には小さいながら池があります。素堀のコンクリート製ではない池なので、絶えず新しい水を入れないと(循環式だと)干上がってしまいます。

たまたま今日来山された布教師さんに「ポンプですか?」と問われましたが、そんな電気代は掛けられないのです。井水(いすい)(水路)から水を取り入れています。
以前は取り入れ口によくゴミがつまり、取り除くのに苦労しました。が、苦節数十年、学習効果もあり最近では暗渠排水用のパイプを使い、滅多なことでは止まらないようにしました。
ところがこのごろどうも水量が落ちてきたようです。理由がわからず泥を排除してみたりしましたが、効果がありませんでした。

ふと思いついたことがあって、全てを外しそれぞれのパーツの中を覗いてみたら、びっしりと虫が巣を作っていました。これでは水は流れなかったわけです。取り除いた結果初期の水量を取り戻しました。

この虫は、この辺りでザザムシと呼ぶトビゲラの幼虫です。発電所の水路などで水量を落とす原因となるものです。

今日表の池の底を覗いていると、水温の上がるこの時期はタニシなどが動き回り、泥の上に迷路のような足跡を付けます。その迷路を目で追うとその端には必ずタニシが、ん?いない。

変な木の枝のかけらのようなゴミがありました。ゴミが動いたために付いた後のようです。

などというはずはなく、拾い上げたものが一枚目の画像です。

その木のようなものをはがしてみたのが二枚目の画像です。

む…決して気持ちよくない虫が出てきました。さて、なんの幼虫だ?決してトンボではなさそうですが。

この水中版蓑虫は、このときは判らず、夜になって見たまんまの「幼虫 水中 蓑虫」で検索してみると判りました。

恐らく「トビケラ類」「トビケラ科」のトビゲラらしいです。

結局、パイプを詰まらせたものと親戚筋に当たるわけで、トビゲラづいてしまいました

いままで、砂礫で巣を作るものには出くわしていても、この手合いは初めて気がつきびっくりしてしまいました。

画像がピンぼけで、後日撮り直そうと思います。

撮り直しました(2009/03/21)。

トビゲラの巣
トビゲラの巣
トビゲラの幼虫
トビゲラの幼虫
蓑の部分を取ると意外な早さで移動する。日光を気にする必要がないためか、腹部に色素が無くぶよぶよしている。

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : 登録ユーザ以外のコメントは承認が必要

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kaizenji.org/cube/modules/d3blog/tb.php/57

Opera使用中

download Opera

撮影禁止中

jump

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

サイト内検索

カテゴリ一覧

ブログ カレンダー

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

1

2

3

4

5

カウンター

today today
yesterday yesterday
total
2008/4/22 〜

なかのひと