雪と ともに 立春

ブログ - 雪と ともに 立春

雪と ともに 立春

カテゴリ : 
日常
posted by : 
huu 2010-2-3 20:07

この冬一番の雪が降った(1日)。測候所は7cmと発表したが、ここではそんなに降っていないようだった。重い雪で竹は折れるし、垣根は重さに絶えかねて形が崩れていた。

こんな日でも用事はできる。近所にある自治センタまで出かけた。途中竹が曲がり道路が半分の幅になっている。しかも坂道で対向車があるではないか。相手は結構滑っていた。

放っておいても溶ける雪ではあるが、車や人の通るところは取り除かねばならない、これが腰によくないのだ。案の定翌日(2日)は天気予報のようには日が照らず、残った雪は凍ってしまった。最低限でも雪かきをしておいて正解だった。

川に降った雪はすぐ溶けてしまうが、この池のように少ししか水の入らないところは、かき氷の最終段階のように、シャーベット状の物が水面を覆うようになる。何事も量によるのだ。

今日は節分。ここでは長年の習慣として、すりこぎとしゃもじを水引で結わえ、それを持って各部屋を回る。しゃもじを持った方が「福は内」豆入りの升を持った者が豆をまきながら「ごもっとも」と大声で言って回る。「鬼は外」はないのだ。以前伊那市の和尚さんにも同様のことを伺った。確認はしていないが、吾が宗(臨済宗)ではこれが案外普通のことであるのかも知れない。

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : 登録ユーザ以外のコメントは承認が必要

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kaizenji.org/cube/modules/d3blog/tb.php/108

Opera使用中

download Opera

撮影禁止中

jump

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

サイト内検索

カテゴリ一覧

ブログ カレンダー

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

1

2

3

4

カウンター

today today
yesterday yesterday
total
2008/4/22 〜

なかのひと